借金返済でお困りなら自分で出来る債務整理や過払い金請求

払い過ぎた利息を返してもらう過払い金返還請求、債務整理は弁護士や司法書士に頼まなくても自分で出来る?任意整理、個人再生、自己破産等の案内、初心者の為のQ&A

債務整理の種類

   

毎日借金のことを考えて暮らしていませんか?
借金は債務整理することで、整理でき、新たな人生のスタートがきれます。

借金の債務整理についての用語等を紹介します。
【債務整理の種類】

  • 任意整理
  • 任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せずに、弁護士や行政書士が借主に代わって、銀行・クレジット会社・消費者金融・街金等と話し合い、借金や利息を減額したり、返済を軽減する話し合いをしてくれるものです。
    返済の負担を減らす事が可能で、毎月に余裕を持って返せるようになります。

  • 個人再生
  • 裁判所にて手続きを行い、借金を総額の20%にまで減額してもらいます。
    減額された借金を3年間~最長5年かけて、返済していくという方法です。
    但し100万円以上~300万円以下の借金があることなどが条件になります。
    住宅ローンがある人でも家を売却や差し押さえられずに借金の整理ができます。

  • 自己破産
  • 債務整理の中で最も有名な方法です。返済の見込みが0の場合は、この方法を用いて借金を整理することとなり、自己破産が認められれば、借金は0になります。
    借金がなくなる変わりに、銀行や消費者金融や街金等の貸金業者から5~7年程度借り入れができなくなります。

    次項 匿名で相談で取り戻す 借金のない生活

    【債務整理を行う際に同時に行うべき請求】

  • 過払い金返還請求
  • 銀行や消費者金融や街金等の貸金業から、借入れや返済を繰り返し、その期間が長期間になっている場合は、利息を払いすぎている場合があります。過払い金と呼ばれるものになりますが、過払い金の返還請求には、借り入れ金額を計算し、払いすぎている利息を計算するなどをして、返還請求を銀行や消費者金融や街金等の貸金業に請求する必要があります。場合によっては、払いすぎている分で借金が帳消しになるだけでなく、お金が返ってくる事もあります。

    【債務整理行う際の注意点】

  • 絶対個人で対応せず、弁護士に相談すること
  • 銀行や消費者金融や街金等の貸金業に対して、個人で交渉しても相手にしてもらえません。
    しかし、弁護士に依頼すれば、即日対応してくれます。
    仮に滞納している際に、「利息の取立てをしないで」といっても「お支払い頂くまではご連絡をとらさせて頂きます。」等の回答となりますが、これを弁護士を通して依頼すると、即日すぐに取立て行為がストップします。
    銀行や消費者金融や街金等の貸金業との話し合いを個人で行うのはまず難しいと思い、弁護士等に相談することをオススメします。

  • 変なプライドは捨てて、相談しよう
  • 債務整理をする際に弁護士等に相談することとなるのですが、弁護士などは高学歴の人と思い、変なコンプレックスやプライドが邪魔してなかなか相談できないケースがあります。
    また、怒られるのではないかや、馬鹿にされるのではないか等の心配もありますよね。
    決してそんなことはないので、へんなプライドを捨てて、借金を整理するという信念をもち、相談しましょう。

  • 嘘の申告はやめましょう
  • せっかく借金を整理する気持ちをもったのですが、嘘の申告はやめましょう。
    嘘の申告をして、整理が手間取ったら、それだけ借金を整理する時間がおくれます。
    一刻もはやく、借金を整理して、昔の借金のことを考えていない頃の自分を取り戻しましょう。
    次項 匿名で相談で取り戻す 借金のない生活

    借金の事、誰にも相談できずに悩んでいませんか?
    あなたの借金を減らす方法はこちらです

     - 借金返済, 債務整理, 債務整理体験談, 過払い金返還請求